お知らせ最新情報

岩手から広げる「であい授業プロジェクト」

北海道・北東北ブロックでは、障害者の作品発表の場作りなどから発展して、当事者自身が発信をすることへの関心が高まっており、具体的な取り組みも行われています。障害のある人が自ら語る言葉は、より説得力のある、その人らしいコミュニケーションとなって相手に届きます。この研修会では、知的障害のある人が講師を務める出前授業「であい授業」に取り組む岩手県の板垣崇志さんを講師に迎え、であい授業の魅力と実現するノウハウについて講演していただきます。

 

研修名 岩手から広げる「であい授業プロジェクト」

日時 2022年3月10日(木)10:00〜12:00

開催方法 Zoomによるオンライン研修

対象 北海道・青森県・岩手県・秋田県の福祉関係者や創作指導員、学校関係者、自治体職員ほか、障害のある人と関わる方

定員 80名(申込制、参加無料)

講師 板垣崇志(しゃかいのくすり研究所代表・るんびにい美術館アートディレクター)
   小林覚(るんびにい美術館 アーティスト)

内容 [前半]小林覚さんの「であい授業」授業風景紹介(映像)
   [後半]板垣崇志さんによる「であい授業」についてのレクチャー

主催 アールブリュット推進センターGently/社会福祉法人ゆうゆう

協力 社会福祉法人あーるど、社会福祉法人岩手県社会福祉事業団、北海道アールブリュットネットワーク協議会

助成 厚生労働省令和3年度障害者芸術文化活動普及支援事業

◎研修会のアーカイブ公開について 研修会の動画を、後日「アールブリュット推進センターGently YouTubeチャンネル」で公開します。公開予定はGentlyホームページでお知らせします。

 

<申し込み方法>

①名前(ふりがな) ②所属 ③住所(自宅または勤務先) ④連絡先(電話番号・Eメール)

【メール】gently@yu-yu.or.jp(件名に「3/10研修会申し込み」とお書きください)

【電 話】0133-22-2896(社会福祉法人ゆうゆう内 担当:大友・中内)

 申込受付期間 2022年2月21日(月)〜 3月8日(火)18:00

*定員になり次第、締切らせていただきます。

*やむを得ない事情により、プログラムの一部を変更させていただく場合がございます

*お預かりした個人情報は本研修会のご案内以外には使用しません

・研修会はZoomで行います。聴講に使用するPCやスマートフォンでZoomを使用できるよう、事前のご準備をお願いします。 ・開催前日に参加用URLをメールでお送りします

 

<講師紹介>

板垣 崇志 (いたがきたかし)
脳の認知機能の研究から美術に転向した大学時代を経て、1998年に障害者支援施設ルンビニー苑に出会う。そこで暮らす方たちの豊かな人間性と造形作品に衝撃を受け、以後様々な福祉施設などで障害のある人の造形表現のサポートに取り組む。同苑の運営法人による〈るんびにい美術館〉設立計画に携わり、2007年の開館と共に同館アートディレクター。2016年から知的障害のある人が講師となって学校などを訪れる〈であい授業プロジェクト〉を企画。これをモデルとした出前授業を日本各地に広げる取り組みをおこなう。こうした活動を通じて「社会はそれを構成する人の〈表現〉の集積体である」という視点を得る。人間の〈表現〉を基点にその動態を分析し、社会課題を解きほぐす道を探究する〈しゃかいのくすり研究所〉を2020年に設立、同代表。株式会社ワコムが「アート・学び・テクノロジー」の振興のため2021年に設立した〈一般社団法人Connected Ink Village〉理事。好きな音楽家はエレファントカシマシ。

 

小林 覚 (こばやしさとる)

1989年岩手県釜石市生まれ。好きな音楽家はビリー・ジョエル、クイーン、井上陽水、スピッツ、THE BOOM、ディック・リー、などなど。そして散歩と卵焼き、バニラのアイスクリーム(コンビニで売っているソフトクリーム型の)とコカ・コーラが大好き。 小林さんは釜石養護学校中等部の在学中に、あらゆる文字を独特の形にアレンジして書くようになりました。勉強も日記もすべて不思議な文字。初めは学校の先生も何とか直せないかと苦心したそうですが、やがて「どうしても直せない」と気付いたときに素敵な方針転換をしました。「素敵じゃないですか、この字の形は。」彼の作品はさまざまな展覧会に出品されるようになり、小林さんの文字はあちこちで大人気に。県内の学校などを訪問しての出前授業にも取り組み、先生役で活躍している小林さんです。

 

るんびにい美術館 http://kourinkai-swc.or.jp/museum-lumbi/

しゃかいのくすり研究所 https://www.shakaino-kusuri.com

 

<本件に関するお問い合わせ>

アールブリュット推進センターGently(ジェントリー)

〒061-0231 北海道石狩郡当別町六軒町70-18
社会福祉法人ゆうゆう内 (担当大友)

TEL 0133-22-2896 E-mail gently@yu-yu.or.jp

HP http://gently-artbrut.com

必要事項①〜④をご用意の上、メール/電話/Googleフォームのいずれかの方法でお申し込みください。

応募作品一覧を見る

ページトップへ